TOP >  みどりのトピックス  >  飯岡中学校に米などの目録を贈呈しました
2017.08.15

飯岡中学校に米などの目録を贈呈しました

8月15日、全国中学校軟式野球大会に初出場する地元の飯岡中学校へ、千葉県産のコシヒカリ1俵と、当JAの国産緑茶5ケースを贈呈するため、当JAの間渕誠一組合長と向後忠信専務理事が旭市役所を訪問し、明智忠直市長に目録を手渡しました。

 

 

目録を贈呈する間渕組合長(8月15日)

目録を贈呈する間渕組合長(右)(8月15日)

 

 

管内に位置する飯岡中学校は東日本大震災の津波により校舎(教室・体育館)が浸水し、2016年1月に旧校舎から約1キロほど内陸に入った新校舎に移転しました。

新たなグラウンドで練習に励んできた野球部は、8月9日まで県内で行われていた関東大会で準優勝を果たし、全国大会への切符を初めてつかみました。

 

全国大会は8月18日から宮崎県で行われ、初戦は同日午後3時半から北海道の釧路市立鳥取中学校と対戦します。

 

間渕組合長は「野球部の活躍は、震災で被災した地元住民を勇気づけてくれる。全国の舞台でも、チームの心を一つにして最後までベストを尽くし、輝く栄冠を目指して頑張ってほしい」と話しました。

 

一覧にもどる
クロスワードパズル