TOP >  みどりのトピックス  >  ニッポン放送の番組と連携した田植えで産地をPRしました
2018.04.26

ニッポン放送の番組と連携した田植えで産地をPRしました

4月26日、当JAは横芝光町の田んぼでニッポン放送のラジオ番組「飯田浩司のOK!Cozy up!」と連携した田植え体験を行いました。

横芝光町やラジオ局の関係者など約45人が参加し、同JAの間渕組合長と同番組の飯田浩司アナウンサーや新行市佳アナウンサー、横芝光町の佐藤晴彦町長がコシヒカリを最新の田植え機で田植えをしました。

 

田植えに参加した同JA間渕組合長(左から3番目)と飯田アナウンサー(左から5番目)新行アナウンサー(左から4番目)ら(4月26日

田植えに参加した同JA間渕組合長(左から3番目)と飯田アナウンサー(左から5番目)新行アナウンサー(左から4番目)ら(4月26日)

 

 

これは、JA全農ちば等と協力し、同番組を通じて県産米の販売拡大と千葉ブランドの認知度向上を目的に行ったものです。

この企画には、当JAとそうさ自主開発米研究会の会員である農事組合法人入営農組合が協力し、今後栽培や収穫まで管理を続けていき、収穫した新米は番組聴取者へプレゼントする予定です。

 

 

GPS機能のついた田植え機で田植えをする飯田アナウンサー(4月26日)

GPS機能のついた田植え機で田植えをする飯田アナウンサー(4月26日)

 

04.26 ニッポン放送田植え③

手植えにも挑戦(4月26日)

手植えにも挑戦(4月26日)

 

田植え後には、自主開発米研究会の奥様方10人が地元の旬の食材を使った手料理をふるまいました。

特別栽培米コシヒカリのおにぎりや、プレミアムひかりねぎを使ったサラダや卵焼きなど特産品を使ったメニューに番組関係者から「とてもおいしかったので作ってみたい」と感想があがっていました。

 

 

 

 

当JAの間渕組合長は「ラジオ番組を通してこれからも生産者の皆様が丹精込めた生産物を全国にPRしていってもらいたい」と話しました。

 

一覧にもどる
クロスワードパズル