TOP >  みどりのトピックス  >  干潟)白瓜販売会議・査定会を開催しました
2019.05.10

干潟)白瓜販売会議・査定会を開催しました

干潟園芸組合蔬菜部会は(菅谷重義部会長)は5月10日、白瓜の本格出荷を迎え、営農センター干潟で販売会議及び査定会を開き、指定市場や関係機関、生産者21人が出席し、出荷規格などを確認しました。

 

 

現品を確認する生産者(5月10日)

現品を確認する生産者(5月10日)

 

 

今作は4月の天候不順のため、肥培管理に苦労しましたが、現在は回復し順調に出荷が始まっています。

 

市場担当者は「これから出荷最盛期に向かっていく中、生産者の方には有利販売のためにも、出荷規格を順守し、選果選別の徹底をお願いしたい。また、消費者へ向けた白瓜のPR活動も行っていただきたい」と話しました。

 

同部会は10月までに9万6100ケース(1ケース=5kg)の出荷を予定しています。

 

 

一覧にもどる
クロスワードパズル