TOP > 職員採用情報 > 先輩の声

先輩の声

誰かのために役立てると実感

共済部 普及課 平成31年入組

宮内 航

Q1.JAちばみどりに入組したきっかけは何ですか?

 実家が農家であり、地元が銚子のため、農家の方のために、仕事をしたいと思い、入組しました。東京で社会人を経験した中で「誰かのために仕事をすること」の重要性に気づき、それが地元のため、農家のためでした。


Q2.現在の仕事の内容を教えてください。

 本店共済部でライフアドバイザー(共済普及担当)の後方支援と各種会議、研修の企画立案を中心とした仕事をしています。
 直接利用者と接する機会はあまりありませんが、現場で頑張っているライフアドバイザーのために迅速かつ正確な情報を提供できるように日々勉強しています。


Q3.JAちばみどりの印象を教えて下さい。

 JAちばみどりは地域の利用者にとって必要不可欠な組織であると感じています。直売所研修の際に「農協だから安心」や「農協が必要」との声を直接聞き実感しました。 入組当初、職場の先輩方も気さくに話していただき、緊張が和らいだことを覚えています。パワフルな組合員の方が多いので、それに負けない明るさがあると感じています。

学生の皆さんへのメッセージ

誰かのために仕事をしたい人、元気、明るい性格に自信がある人にはピッタリな仕事だと思います。農業がわからない人でも十分活躍できます。信念を持って飛び込んで来てください。


クロスワードパズル