TOP >  みどりのトピックス  >  第43回「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクールの表彰式を行いました
2019.02.05

第43回「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクールの表彰式を行いました

2月5日、8日、14日に、管内の小学校で第43回「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクールの表彰式を行いました。

県内の小・中学校から作文2,352点、図画3,267点の応募がありました。

 

表彰式では、当JAの向後忠信専務が「この度の受賞誠におめでとうございます。これからも、児童のみなさんには管内で収穫されたお米を食べて、農業と食の大切さを知っていただきたいです」と祝辞を述べました。

 

 

〇旭市立中央小学校

【図画の部】学校奨励賞受賞

 

2月5日、旭市立中央小学校で同コンクールの表彰式を行いました。

石見孝男校長は「このコンクールを通して児童が郷土の良さや特徴を再認識する良い機会となっています。頂いた奨励賞を励みにこれからも取り組んでいきたい」と話しました。

 

 

賞状を石見校長(左から2番目)に手渡す向後専務(2月5日)

賞状を石見校長(左から2番目)に手渡す向後専務(2月5日)

 

 

 

〇椎柴小学校【図画の部 入選 石井 好果さん】

 

2月8日、銚子市立椎柴小学校で同コンクールの表彰式を行いました。

受賞された石井さんは「米粒をたくさん描いて、お米の大切さを伝えようと頑張りました」と笑顔で話しました。

また、吉澤輝校長は「気持ちを込めて描いた作品が栄えある賞に選ばれ、嬉しい限りです」と話しました。

 

 

 

(左から)吉澤校長、石井さん、向後専務(2月8日)

(左から)吉澤校長、石井さん、向後専務(2月8日)

 

 

 

〇豊畑小学校【作文の部 入選 川口 遥磨さん】

 

2月15日、旭市立豊畑小学校で同コンクールの表彰式を行いました。

受賞された川口さんは「お母さんが『すごいね!』と言ってくれて、うれしかったです。大好きなおにぎりを一つぶ一つぶ大切に食べたいです」と喜びを話しました。

石橋優校長は「ご飯は、すぐエネルギーになります。学校では、朝ご飯をしっかり食べて、勉強や運動に臨むように、常に話しています。豊畑小学校では、田植え、稲刈り、餅つきと一貫した取り組みをしています。みんなお米が大好きです」と話しました。

 

 

 

(左から)石橋校長、川口さん、向後専務(2月15日)

(左から)石橋校長、川口さん、向後専務(2月15日)

 

 

 

なお、管内の主な入賞者の方々は次の通りです。(敬称略)

 

◆作文の部

【入選】

川口 遥磨(旭市立豊畑小学校 3年)

 

【佳作】

淺野 愛実(銚子市立明神小学校 1年)

 

 

◆図画の部

【入選】

石井 好果(銚子市立椎柴小学校 4年)

 

【佳作】

佐藤 多恵(旭市立中央小学校 2年)

山口 侑真(旭市立中央小学校 2年)

木村 綺華(銚子市立高神小学校 3年)

平野 桃(匝瑳市立豊栄小学校 4年)

太斎 和輝(旭市立中央小学校 5年)

夛田 初花(旭市立中央小学校 6年)

内匠 陽菜(銚子市立高神小学校 6年)

 

【学校奨励賞】

旭市立中央小学校

 

 

 

一覧にもどる
クロスワードパズル