TOP >  みどりのトピックス  >  銚子)ピーク前に出荷規格を確認 トウモロコシ査定会
2021.07.13

銚子)ピーク前に出荷規格を確認 トウモロコシ査定会

銚子野菜連合会(間渕稔会長)は7月13日、銚子市の営農センター銚子で令和3年度とうもろこし販売査定会を開き、指定市場2社や関係機関の担当者、生産者90人が出席し、出荷規格などを確認しました。

 

 

 

出荷規格を確認する生産者(7月13日)

出荷規格を確認する生産者       (7月13日)

 

 

 

生育は4月が高温で推移したことから前進し、出荷最盛期に向けて増量する見込みです。

 

 

現品査定で市場担当者は「出荷時はえくぼやしなびに注意をしていただきたい」と生産者へ呼びかけました。

 

 

 

同会では「ゴールドラッシュ」「味来」「恵味」など主に3品種を栽培しています。

7月下旬に出荷のピークを迎え、8月中旬までに40万ケース(1ケース=5kg)の出荷を予定しています。

 

 

一覧にもどる
クロスワードパズル