TOP >  みどりのトピックス  >  海上)エダマメ「湯あがり娘」初出荷 新品目に期待
2021.07.18

海上)エダマメ「湯あがり娘」初出荷 新品目に期待

7月18日、今年から新規に旭市海上地区内で栽培を開始したエダマメ「湯あがり娘」の出荷が始まりました。

 

旭市海上地区の農家7名が計56アールの圃場で栽培しています。

1袋330グラムの「湯あがり娘」2ケース(20袋入り)を初出荷しました。

 

 

初出荷となった「湯あがり娘」(7月18日)

初出荷となった「湯あがり娘」(7月18日)

 

 

「湯あがり娘」は、茶豆風の甘味と香りに優れ、鞘割れも少ないため青果市場取引にも定評がある品種です。

収穫時期は7月上旬~8月上旬。

 

 

今後、管内で栽培面積を増やしていき、主力商品化を目指していきます。

 

 

 

海上野菜組合の石毛雅彦組合長は「真夏の端境期に作れる品目を探していた。少しでも売り上げになれば」と期待を込めて話しました。

 

 

一覧にもどる
クロスワードパズル